(上の画像は江戸川病院運動器カテーテルセンターの画像です。)

最近患者様から、もやもや血管って何?と聞かれる事があります。

整形外科の世界では最近になって話題になってきていますが、もやもや血管とは、東洋医学では簡単に言うと、コリや筋肉のコワバリ、筋硬結、トリガーポイントのようなモノです。

今まで整形外科では、レントゲンやMRIの撮影で骨や軟骨がすり減っている。骨がずれている、曲がっている。

という事を痛みの原因としていましたが、軟骨のすり減りや骨のズレでは痛みを説明する事は不可能でした。

なぜならば、軟骨がすり減っていても痛みの無い人がいたり。軟骨は全く減っていなくても痛みの強い患者様がいるからです。そこで新しく出てきた考え方が、もやもや血管(毛細血管の多い場所)から炎症細胞が流れ出て、周辺の神経を刺激すると言う考え方です。

もやもや血管は「カテーテル手術をしなくても、患部の圧迫などでもやもや血管は少なくなり痛みはマシになる」と、この治療を発案された奥野医師も言っておられます。

当院にも首が重たい、カチカチだ、ジンジン痛い、腰がズキンズキン痛い、ゴリゴリに硬い、肩が痛い、腕が上に挙がらないと来院される患者様の中には、来院される前に整形外科や病院で骨や、軟骨が原因で痛みが出ていると言われ来院される方がほとんどです。しかしこれらの原因はもやもや血管(コリや筋肉のこわばり)だった可能性があるのです。

減った軟骨は増やす事は不可能ですが、当院でトリガーポイント鍼治療を患者様が痛みを訴えている部位の近辺を探り、筋肉が硬くコワバッテいる個所を治療すると痛みは徐々に少なくなっていきます。この事から痛みの原因は血管や筋肉にあるという考え方が、もやもや血管の考え方になるのです。

コワバッテいる(もやもや血管)場所は膝の場合、太ももの内側やふくらはぎ、腰の場合は、お尻や太ももの前面の股関節の辺りに多く見られます。

病院でもやもや血管の治療をする場合、血管の中にカテーテルを通し患部まで達した所に薬剤を注入するようです。

病院で治療する場合、初診で1万円、肩コリや腰痛で約30万程かかるようです。結構なお値段ですが、これで長年の痛みとサヨナラ出来るとしたら、安く感じる人もおられるはずです。

石川県の加茂整形外科ではカテーテルなどは使わずに、保険治療の負担金のみで、局所にトリガーポイントブロック注射をされます。

当院ではトリガーポイントの鍼治療、筋硬結を取り除くマッサージで1か所3,500円程度になります。

あなたの長年の痛みの原因は骨や軟骨では無く、筋肉のコワバリ、もやもや血管かもしれません。

気になる方は当院のトリガーポイント鍼治療をオススメいたします。

患者様の状態にもよりますが、最初の2週間は1週間に2回、3週間目からは1週間に1回の治療をオススメいたします。

治療箇所により金額は3,500円~6,000円+消費税となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

メールでのお問い合わせlineでのお問い合わせ初めての方へヘルモアで口コミをみる
メニュー
こんな悩みを解決します
産後骨盤矯正認定院
ブログ