ヘルニア、狭窄症と喫煙の関係

2022/05/24

この仕事を30年程していますが、喫煙をされる方は狭窄症などで痛みが出やすい気がします。

喫煙により血流が悪くなるため非喫煙者より3~4倍ヘルニアで痛みが発症しやすいようです。

自分が喫煙しなくても家族に喫煙者がいると、副流煙などにより喫煙者なみの有害成分を吸収している事もあるようです。

喫煙は目に見える以上に身体に影響を及ぼしますし、一緒に生活している家族の健康にも影響していることがあります。

喫煙には気を付けましょう。

メールでのお問い合わせlineでのお問い合わせ初めての方へヘルモアで口コミをみる
メニュー
こんな悩みを解決します
産後骨盤矯正認定院
ブログ