あけましておめでとうございます。

2021/01/03

あけましておめでとうございます。

コロナの中、2021年が始まりました。

テレビでは緊急事態宣言を出す、出さないで揉めています。

確かに緊急事態宣言を出し、外出制限、時短営業、テレワーク、オンライン授業などを行う事で一時的に感染者は減少するかもしれませんが、又解除した後は患者数は増えて、根本的な解決にはならないと思います。

やはり地道な事ですが、マスクの着用、手洗い、チョコチョコと水分補給、人ごみに行く時は気を付ける(臨機応変にケースバイケース)など各自がしっかりと気をつけないいけません。

薬やワクチンにしても、未だに風邪を治す薬すら無く(今ある風邪薬と言われるモノは、鼻水を止めたり、咳をおさえる、痰をきる、熱を下げたり症状を抑えるだけで、根本的に風邪を治す薬ではありません)。

インフルエンザに対する薬のタミフル、リレンザ、イナビルなどもウイルスの増殖を抑え薬を飲まないより飲んだ方が2、3日治るのを早めるだけですし、ワクチンに対しても、「インフルの予防接種したけどインフルにかかった!」みたいな感じなので、どう考えてもコロナにピタッと効く薬やワクチンが2、3年で出来るとは私は思えません。(あくまでも私の考えです。薬、ワクチンが出来てくれるのを願っています)

だからこそ各自が気を付けないといけません。

よくお店で「当店はコロナ対策を完璧にしているので安心して御来店ください。」などと書いている店などがありますが、コロナに対して完璧な対策などはできません、気持ちは評価しますが、各自気を付けましょう。

国の指示だけではコロナには勝てません。

コロナ増える⇒緊急事態宣言⇒コロナ減少⇒気が緩み外出⇒コロナ増える⇒緊急事態宣言

このような連鎖を繰り返すだけではダメだと思います。

ではどうすれば良いのか?

正直私もマスク、手洗い以外はわかりません。

ただこれから1年~3年程度は常に緊急事態宣言ぐらいの覚悟を個人が持って、各自が気を付けるしか無いと思います。

何年先か解りませんが、最終的にはコロナは今のインフルエンザのような扱いになると思います。

それまでは、私たち1人1人が気を付けるしかありません。

皆さん、今年も1年頑張りましょう。

 

 

メールでのお問い合わせlineでのお問い合わせ初めての方へヘルモアで口コミをみる
メニュー
こんな悩みを解決します
産後骨盤矯正認定院
ブログ