運動の誤解

2020/02/24

患者さんから聞かれる事に「どんな運動をしたらよいか?」と聞かれる事が多くあります。

特に中学生や高校生なのですが、運動の前に大切な事があります。

それは身体が柔らかいか?身体が硬いか?です。

患者さんは、筋トレやウォーキングとストレッチ、柔軟体操を同じと思っている方が多いです。

かたい身体で運動をたくさん行っても、いつかケガをするだけです。

患者さんは運動をすれば元気で健康でいられると思っている方が多いのですが、身体が硬いとケガも多くなります。

変形性膝関節症、腰椎ヘルニア、脊柱管狭窄症も身体が硬いか柔らかいかで、発症の頻度はかわります。

身体の不調の原因が、身体の硬さ!という事に気づいて無い方が本当に多いです。

長年、硬い筋肉で、自分では健康の為に、と思って行っている運動が、逆に身体を破壊しているのです。

目先の体力の向上ばかりに目を向けず、ケガをしない身体の為にストレッチ、柔軟体操を取り入れてくださいね。

柔らかい身体があって、初めて運動の効果が出ます。

当院では、どのような運動が必要かの指導も行っております。

自費治療になりますが、本当に身体の事を考えておられる方のご来院をお待ちしております。

メールでのお問い合わせlineでのお問い合わせ初めての方へヘルモアで口コミをみる
メニュー
こんな悩みを解決します
産後骨盤矯正認定院
ブログ